ゴルフの飛距離とは?キャリーとランの違いを知ってコース攻略しよう

ゴルフにおいて、飛距離は大切な要素のひとつです。
自分の飛ばすことができる距離を知ることは、コースの攻略に欠かせないポイントです。
実は、飛距離を出すためには、「キャリー」と「ラン」について知っておかなければいけません。
今回は、ゴルフで飛距離を伸ばしたい人やコースの攻略方法を知りたい人に向けて、キャリーとランの違いについて取り上げます。
ゴルフの飛距離を正しく把握するためにもキャリーとランについて理解を深めましょう。

 

目次

飛距離を伸ばすうえで知っておきたいキャリーやランとは

飛距離を出すことは、ゴルフをするうえで基本であるため、できるだけ遠くに飛ばせるよう、道具を揃えたり、フォームや力加減を工夫したりすることでしょう。
多くの場合、ボールは地面に落ちると、ある程度転がって止まるのではないでしょうか。
この、ボールが空中を飛び、着地するまでの距離を「キャリー」、転がった距離を「ラン」と言います。
つまり、キャリーとランを合計したものが飛距離となるのです。

遠くまで飛距離を伸ばすのはもちろんですが、着地後にあえて転がせて、自分の攻めたい方法に合わせた位置にボールを持っていくことも非常に大切です。

 

着地するまでの距離「キャリー」について

キャリーは、ドライバーなどを使用するときに大切な要素であり、ある程度の弾道高とスピン量によって距離は長くなります。

また、自身のキャリーを調べることもおすすめです。
代表的な方法として、レーザーやGPSなどの計測器があります。
飛び方のイメージを知ることが可能となり、コースだけでなく、打ちっぱなしでも計測できるでしょう。
自分がどの程度の距離を飛ばすことができるのか、正確な数値で知ることができれば、コース攻略に有利となります。

 

着地後に転がった距離「ラン」について

ボールが思いのほか転がってしまい、バンカーに落ちてしまったという経験がある人もいるでしょう。
どのくらいランが出るか見極めることは、プレイをするうえで大切な要素なのです。

実は、キャリーを稼ぐだけが、飛距離を伸ばせる方法ではありません。
弾道が稼ぎにくい女子プロの場合は、ランを多くして飛距離を出している場合もあります。
キャリーとランの両方をうまく合わせて距離を稼ぐことが大切です。
また、ラン分の距離を事前に想定できるようになれば、コース攻略への近道となるでしょう。

 

飛距離とはキャリーとランの合計

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことでゴルフの飛距離についてのキャリーとランがご理解いただけたと思います。
計測器などを使用し、キャリーとランを正しく把握して、コース攻略に役立てましょう。

TecTecTecのレーザー距離計は、楽天やAmazonでレビュー数1位!
レーザー距離計を買うなら、ぜひ一度詳細を確認してみてください

関連記事

開催決定2021年シリコンカバー決定戦!あなたは何色を選択しますか?

アメリカのおすすめゴルフショップ

プロゴルファーエイミーコガプロおすすめのゴルフレーザー距離計