ゴルフ初心者におすすめするショートコースとは?おすすめ理由を紹介

「ゴルフ初心者でも、コースで練習して大丈夫かな?」「コースでプレーしたいけど、敷居が高そうで気が引けてしまう…」
こんなお悩みをお持ちのゴルフ初心者には、ショートコースがおすすめです。

今回は、ゴルフ初心者におすすめなショートコースについてと、おすすめ理由を4つ紹介します。
ゴルファーとしてよりレベルアップするために、ぜひ本記事を最後まで読んでゴルフの練習の参考にしてください。

 

目次

そもそもショートコースとは

ショートコースとは、本コースよりも距離の短いホールで構成されたコースのことを指します。
本コースは「1ラウンド18ホール」が一般的ですが、ショートコースは「1ラウンド9ホール」で構成されていることがほとんどです。

ホールの構成は、本コースだとpar4を中心にpar3やpar5のホールを組み合わせて構成されています。
ショートコースでは、ほとんどのホールがpar3で構成されています。

1ホールの距離も、本コースでは100yard~500yardが多く、ショートコースでは大体100yard以内の距離で作られています。

全体を通して、本コースより距離が短く、ホール数も少ないです。

 

ゴルフ初心者はショートコースを利用すべき!4つのおすすめ理由

ここでは、ゴルフ初心者におすすめの4つの理由を紹介します

 

理由① 気軽にコースデビューできる

一番のおすすめ理由は、初心者の方でも気軽にコースデビューができるからです。
本コースと比べてホール数が少なく、1ホール当たりの距離も半分以下のコースが多いので、
コース一周あたり、おおよそ2時間で回ることが可能です。
そのため、長時間拘束されず、プレー料金は2,000円程度で済むため、初心者の方でもお手軽にコースでゴルフを楽しむことができます。

 

理由② ドレスコードが厳しくない

ほとんどのゴルフ場にはドレスコードが定められています。
しかし、ショートコースは本コースと比べてドレスコードが厳しくありません

本コースの場合、クラブハウス内でのドレスコードとプレー中のドレスコードがそれぞれ定められています。
ショートコースの場合、クラブハウスにもプレー中の服装のまま入って良いコースが多く、服装マナーが心配な方にも優しいルールとなっています。
初心者の方はドレスコードに適した服を持っていない場合もあるため、ドレスコードが厳しくないのはありがたいポイントです。

 

理由③ ゴルフ場のプレーに慣れることができる

これからもゴルフを続ける方であれば、いずれは本コースにも挑みたいと考える方も珍しくありません。
そのような方は、ショートコースで練習をすると、実際のプレーに慣れやすいのでおすすめです。

打ちっぱなしは同じショットの繰り返しになりがちです。
一方ショートコースで練習すると、打ちっぱなしでは経験できない実践の障害物を経験することができます。
たとえば、安定しない足場での打ち方やバンカーショット、グリーン周りのアプローチなどです。

そのため、初心者の方でも実戦に活かせるようなスキルを身につけることができます。
本コースに向けた練習にはうってつけです。

 

理由④ スコアをあげることに繋がる

これは将来的な話になりますが、ショートコースで良いスコアがだせれば、本コースでも良いスコアをだすことができるようになります。

「スコアの70%は120yard以内から打たれる。だからアプローチとパットを重点的に練習するべきだ。」というアメリカのプロゴルファー、ジャック・ニクラウスの名言があります。

ほとんどのホールが100yard以内のショートコースでは、アプローチやパットをより意識してプレーする必要があります。
その結果、ゴルフのスキルアップに繋がり、本コースでもスコアを伸ばせるようになります。

 

ゴルフ初心者の方はショートコースから練習を始めてみよう

いかがでしたでしょうか。
ゴルフの初心者にはショートコースでのプレーがおすすめです。
本コースと比べて、料金が低く、時間もかからずにプレーができるため、気軽に始めることができます。

コースデビューが不安に感じている方や、ゴルフのスコアを伸ばしたいとお考えの初心者の方は、ショートコースで練習してみましょう。

 

TecTecTecのレーザー距離計は、楽天やAmazonでレビュー数1位!
レーザー距離計を買うなら、ぜひ一度詳細を確認してみてください。

関連記事

ゴルフ上達のカギ!スイングで重要なビジネスゾーンをマスターしよう

ULTX800限定カラー&シリコンカバー発売決定!!コストパフォーマンス最強のテックテックテック ゴルフレーザー距離計!

フェアウェイウッドの飛距離を伸ばしたい!初心者向けのコツ