ゴルフの飛距離を測るときに便利なアプリ3選

ゴルファーなら、やはり飛距離が気になるものですよね。
正確な飛距離を確認したいとき、肉眼では難しいため、飛距離計を活用することになります。しかし、飛距離計は少々値が張ることもありますので、なかなか購入に踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。
そんなときに便利なのが、お手持ちのスマホで飛距離が測れるアプリです。
スマホアプリならアプリをインストールするだけでOKですし、無料で利用できるものもあります。

そこで今回は、ゴルフをする際に便利な飛距離の測定が可能なスマホアプリのおすすめを3つ紹介します。
スマホのアプリで手軽に飛距離を測りたいと考えているゴルファーの方は、ぜひご覧ください。

 

目次

ゴルフの距離を測れるアプリ3選

それでは、初心者の方でも使いやすい、ゴルフのボールの飛距離を測るときに役立つスマホのアプリを紹介します。
iPhoneとAndroid、どちらでも使えますよ!

 

ゴルフな日Su

『ゴルフな日Su』は、実戦でも十分に使うことができるゴルフナビアプリです。

コースが変わっても、「今どのコースにいるか」という位置情報をGPSによって自動的に取得し、アプリ上のコース図に表示してくれます。
ショットの飛距離のほかグリーンまでの残距離も表示されるため、「あとどれくらい飛ばせば良いのか」をすぐ把握可能です。

コースの高低差はグラフで色分け表示してくれる「高低グラフ表示」機能や、進行方向に対する風向き・風速が分かる「風向きメーター」機能のほか、コースに挑む前のシミュレーションが可能な「プランニングモード」機能なども搭載しています。
AppleWatchと連動させると、スマホをしまったままでも手元で残距離が確認できるため、便利に使えますよ。

最初の1か月は無料で利用可能です(以降、360円/月)。

 

SMART GOLF NAVi

『SMART GOLF NAVi』は、全国にある約2,300ものゴルフ場を収録したアプリです。

スタートからグリーン、ピンまでの距離の表示はもちろん、ショットレーダーなども搭載しています。
スマホの画面上で見ているコースの向きを実際のコースに合わせることができる「アジャストライン」機能を使うことで、より精度の高いピンの位置の把握が可能です。

画面に表示されるコース図がシンプルなため、プレー中に確認したいときも見やすく、コースの確認がしやすいという特徴があります。
事前にコースのコースデータをダウンロード可能なことに加え、シミュレーションができる機能もありますよ。

 

Mobitee GPSゴルフ距離計

『Mobitee GPSゴルフ距離計』の特徴は、さまざまな機能が充実していることです。

GPSによる距離測定はもちろん、スコアカードやバーチャルコーチの機能なども搭載されており、スコアアップを狙いたい人やゴルフが上手くなりたい人におすすめです。
また、コース収録数は世界35,000コース以上となっており、海外でプレーする際のデータローミング料金が無料という点も嬉しいポイントですよね。

iPhoneでは無料版として各コース最初の5ホールだけが機能無制限で利用可能となっていますが、Androidでは有料版(3,000円)のみの配信となっているため、注意が必要です。

 

実際に距離を測ってみよう

本記事では飛距離を計測する便利なアプリをご紹介しました。

すぐにでも計測したいところですが、せっかくアプリを使うなら、飛距離を出せるようになりたいですよね。
そこで、距離を出すにはどうしたら良いのかを
初心者がドライバーの飛距離をアップするためのポイントと注意点
初心者でもアイアンの飛距離は伸ばせる!コツをピックアップ
の記事にて解説しておりますので、ぜひ練習の隙間時間などにお読みください。

 

より正確な情報を得るならレーザー距離計を!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、ゴルフの飛距離が測定できる3つのアプリの特徴がご理解いただけたと思います。
スマホアプリで飛距離が測れたら便利ですが、より精度を求める場合はレーザー距離計を導入するもの良いでしょう。

TecTecTecのレーザー距離計は、楽天やAmazonでレビュー数1位!
レーザー距離計を買うなら、ぜひ一度詳細を確認してみてください

関連記事

コラボ企画続編! TecTecTecゴルフ距離計 with UUUM GOLF

初心者がゴルフの打ちっぱなしに行くとき知っておきたい道具やマナー

TecTecTecゴルフレーザー距離計徹底比較